キャッシングのグレーゾーン金利とは何でしょうか

最近よく過払い金が取り戻せますとか聞くことがありませんか。キャッシングで借りて返済したお金の一部を取り戻せるという話なのですが、一体どういう事なのでしょうか。それは以前に違法金利で契約して返済をした分は違法な契約なので取り戻せるという事なのです。その違法金利の事をグレーゾーン金利と言います。違法金利なのにグレーゾーンというのは不思議ですが、以前は罰則のある違法金利と、違法であると決まっていても罰則がない金利があったのです。この為に違法なのに罰則なさから消費者金融などで契約されていた金利です。具体的には年利29.8%とか年利20%を超える金利のことでキャッシングでは2010年に改正貸金業法が実施されるまで広く行われていました。現在は当然ありませんが過去のグレーゾーン金利で返済した事があれば請求すれば取り戻すことが出来るというわけです。しかしこれは借主が自分で請求しないと返還されませんので、うっかりしていると時効になってしまい取り戻すことが出来ませんので注意しましょう。

キャッシングで源泉徴収票の提出を求められるケースとは

キャッシングは、基本的には運転免許証や保険証、パスポートなどの本人確認書類があれば申込が可能ですが、申込内容によってはこれだけではなく源泉徴収票の提出を求められる場合があります。
キャッシングの申込で源泉徴収票が必要となるのは、貸金業法に基づいて営業しているキャッシング会社に申し込むのであれば、申込先の借入残高と希望額の合計が50万円を超える、もしくは他社も含めた全ての借入残高と希望額の合計が100万円を超える場合で、貸金業法以外の法律に基づいて営業している業者であれば、既に借りている分と希望額の合計が業者が定めた金額を上回る場合となっています。これに該当しない人は基本的に源泉徴収票無しでも申し込むことはできますが、ケースによってはキャッシング会社が確認が必要と判断して提出を求めてくる場合があるので注意が必要です。
なお、いますぐ用意できない場合は、直近2~3ヶ月分の給与明細書を用意できれば申込ができ、それも無い場合は所得証明書や住民税の税額決定通知書でも受け付けてくれることがあります。