近年、弁護士や司法書士が過払い金返還をサポートする活動をしています。もちろん報酬が発生しますが、数十万円から数百万円のお金が戻る方もいます。返済終了後や過払い金で返済を終了できる場合は金融事故にならないことから、盛んに行われています。
この請求はキャッシングのグレー金利部分に行われるものですが、そもそもグレー金利とは何でしょうか?
2010年に法律が改正され、利息制限法の適用が厳格化されました。それ以前は利息制限法を超える利率で融資をしても、出資法の利息を超えない限りは業者が罰せられることはありませんでした。もともと違法であることからその利息は払わなくてよいお金であり、裁判や請求で取り返すことができます。
キャッシング業者も簡単には請求に応じないことから、弁護士など、プロの力が必要とされ、現在のように活動するようになりました。その時効は10年とされ、2020年頃には過払い金請求は全て終了するとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です