法外な金利を適用して返済を請求してくる闇金ですが、返済をしないと家族に嫌がらせをしてきたり、職場に迷惑をかけたりと精神的なダメージを与えてくるものです。闇金業者の金利は10日で5割などといった暴利で、もちろん貸金業法に違反しているため返済する義務はありません。では、闇金業者からの嫌がらせには、ただ耐えているしかないのでしょうか。
悪質な取り立てを受けた時には、すぐに法律の専門家に相談するのが良い方法です。実は、この方法は闇金業者が一番嫌う対応なのです。警察ならば、大きな事件にならない限り動いてはくれないことが多いのですが、法律の専門家が出てくると、すぐに裁判に持ち込んでもらえるのです。業者が立件されると、懲役10年、もしくは3000万円以下の罰金といった重い罰を受けることになります。数十万円の取り立てでこのような罰を受けるのは割に合わないため、この事を法律の専門家が通知すると、嫌がらせはすぐに止みます。
業者との話し合いや対応も全て法律の専門家が行ってくれるので、精神的にもずいぶん楽になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です